開店祝いなどに付き物なのが観葉植物です。お花同様に一つ一つの植物の花言葉があり、メッセージをこめることができます。グリーンがあるだけでお部屋の空気がきれいになりますし、オフィスがオシャレになります。花束よりも長く日持ちしますが物を送るのと違って一生そこにあるわけでもありません。お祝いとして贈りやすく、もらう側も嬉しい品なのです。せっかく新しく建てた事務所や新装オープンのお店に届いた品ですから、観葉植物の置き場所にもこだわって、更に運気が上がるように工夫してみましょう。風水的にも観葉植物を置くことは良い気を呼び寄せるとともに悪い気を吸収してくれるのでおすすめです。新しい事務所を開けるだけの運がめぐってきているのですから、更に高めていきましょう。

風水的におすすめの置き場所について

観葉植物は置物ではなく生き物である以上、日照条件や部屋の温度なども考えて置くようにしましょう。せっかくのお祝いの品があっという間に枯れてしまっては大変です。元々お世話が楽で育てやすいものがお祝いとして贈られることが多いとはいえ、ずっと放置したままではよくはありません。良い気を外部から取り入れるために玄関に置いたり、リラックス効果を高めるために寝室に置くのが風水の上ではおすすめとされています。リビングやトイレなど毎日使うお部屋の空気をきれいにする空気清浄機としての役割で置くのもいいでしょう。せっかく置くのですから、そのお部屋をきちんと掃除して清潔に保ちましょう。ごちゃごちゃの中に置いておいてもよい気は溜まりません。置く場所によって風水的な意味は違ってくるので、なりたい姿を思い浮かべながら参考にするといいでしょう。

風水的にいまいちな観葉植物とは

水遣りが時々でよかったり、そこまで日当たりを重視しなかったり、観葉植物はお世話しやすいものが多いです。とはいえ、植物である以上はある程度は気にかけてやるようにしましょう。せっかくお祝いにといただいたものなのですから、大切に育てましょう。水をあげなくてもよいサボテンや、フェイクの植物はただ置いたままにしていればいいのでお世話は楽です。ただ風水的にはそれほど効果は高くありません。本物のグリーンがある生活・毎回決まった時間にお水やりをする規則正しい生活というのがよりよい暮らしを約束するのです。愛情を持って育ててやれば植物はしっかり応えてくれるでしょう。お世話しやすく、その植物にとってもよい環境こそがよい置き場と言えるでしょう。部屋の間取りはそれぞれ異なる以上、風水はあくまで参考として活用しましょう。